FC2ブログ

最後の預言者『聖仙』による、緊急警告!! その②

 さてさて。
前回、武力により、他国を侵略・支配する『欧米各国』と、同胞・同志に危害を
加える『イスラム国』は、似た者通しと、言うことを申し上げたのう。
これは、全て、宗教の教えの、誤解から、生まれたものなんじゃ。
『アッラー』は、預言者ムハンマドを通し・・・。
また、『ヤーウェイ』は、預言者キリストを通し・・・。
あるいは、『私はアル』は、預言者モーゼを通し・・・。
『ブラフマン』は、預言者『ブッダ』を通し・・・。
いかなる宗教においても 創造主が、『人を殺してはならぬ』と、伝えたことは
あっても 『人を殺せ』と、伝えたことは、一度も無いんじゃ。
万物の創造主は、一つなんじゃよ。
地域により、民族により、その名を違えてはいるが、全ては、同一。
『太陽の意思』であり、『地球の意思』であり、万物の支配者なのじゃよ。

 欧米各国は、欲が深いのう。
武力によって、弱小国を侵略し、また、支配し続けてきた。
また、武器商人と一体となって、多額の利益をむさぼってきたんじゃ。
『創造主』による、『最後の審判』。
地軸の変動による、人類滅亡は、これに対しての、戒めなのじゃよ。
『モーゼ』及び、『キリスト』の教えを 再度、学びなおせ!
と、いうことなのじゃ。
『イスラム国』は、また、これらとは、ちょっと違うのう。
欧米各国の横暴による、被害者集団であり、抵抗運動。
しかし、同胞・同志への危害、殺害は、いかんのう。
『偉大なるアッラー』の教えに、背いているということじゃ。
特に、他国のジャーナリストは、真実を他国に知らせる重要な
役目を負っており、同志なのじゃ。
このまま、犯罪を続けるようならば、正義のイスラム教信者から、
全て、見放されることになるのう。

 いよいよ、本題に突入じゃ。
第2次大戦後、日本は、軍隊を放棄し、世界平和の道を 着実に
歩んできた。
『全方位外交』でのう。
根本は、『実るほど、頭を垂れる稲穂かな』じゃ。
それが、アラブの民に、支持されてきたんじゃよ。
しかし、安倍総理は、いかんのう。
誠に、いかん!いかん!
A級戦犯の遺伝子を開花させ、ヒステリックな性格で、気に入らぬ者は、
排除しようとする。
周囲には、能ナシのイエスマンばかりを置いて、自分の好き勝手に、
世界中を動かそうとしているからのう。
今までも 口先だけで日本国民を騙し、格差社会を続けてきた。
マスコミには、圧力をかけ、正義の言論を封じ、『ヘイトスピーチ』を
続けてきたからのう。
御用放送の『フジ・サンケイ』は、『ヘイトスピーチ』を激化させ、国民を
排他主義者に、先導してきた。
ネット右翼も その、一つじゃ。
いかんのう!
いかん、いかん!
今回の、人質事件もそのせいじゃ。
安倍独裁政権と、御用放送は、真実を隠し続けてきた。
それが、正しい判断を見誤らせてきたんじゃ。
物事を解決できることなど、なかろう。

 さて。
殺害情報の流れている、湯川氏は、人殺しに行って、返り討ちに
あったんじゃのう。
ミリタリーショップを営み、後に、軍事会社を設立。
シリアへ、戦争参加しに行ったということじゃ。
つまり、ゲームでは飽き足りず、実戦で、人殺しのやり方を学ぼうと
したんじゃのう。
いかん!
いかん、いかん!
安倍総理や、『フジ・サンケイ』が、ヘイトスピーチを続け、国民を洗脳し
こういう、勘違いした人間が、出来上がってしまったということじゃ。
後藤氏は、ジャーナリスト。
これとは、異質じゃのう。
湯川氏が、一度、シリア反政府軍に捕らえられたものを 交渉により開放。
しかし、再度、『イスラム国』に捕らえられた湯川氏を 奪還できるとふんだん
じゃろうか。
ところが、ここに、大きな状況の変化が、あったんじゃ。
日本国内の軍事独裁化を進め、有頂天になっている安倍総理が、いい気に
なって、イスラエルに、資金提供することを 世界に公表したことじゃ。
正義のジャーナリストは、安倍総理に、踏みつけられたということじゃのう。

 あれじゃな。
『自己責任』論を 軽々しく口走るアホが、かなりおるようじゃが、全く、
ノータリンじゃのう。
湯川氏に、当てはまっても 後藤氏には、当てはまらん!
『虎穴に入らずんば、虎子を得ず!』じゃ。
弱者救済、不正追及は、常に、危険と隣り合わせなんじゃよ。
国家体制が、正義の方向へ歩んでいれば、正義のため、海外で活躍する
日本人達に対しても 周囲の協力が、簡単に得られ、信用も得られること
になるであろう。
しかし、安倍総理の犯した間違いは、正しく生きる日本人達に、大きな
危険を及ぼすことになってしまったということじゃ。
マスコミ、ジャーナリストは、正義に立ち上がれ!
真実を報道せよ!
現在、ヘイトスピーチを続けている『フジ・サンケイ』により、日本人は、
マインドコントロールされている。
日本国民に、真の『善なる心』を目覚めさせよ!

テーマ : 超能力・潜在能力
ジャンル :

最後の預言者『聖仙』による、緊急警告!!

能ナシの 
  イエスマンばかり 取り巻いて
    安倍独裁に 天の審判
 


 日本人は、愚かじゃのう・・・。
ワシは、予知、預言を元に、15年近く、様々な警告を行なってきたんじゃ。
戦争有事、自然災害有事・・・。
国の、重要人物達に、問題点だけではなく、解決方法まで、示してきたんじゃが
のう。
遂に、第3次世界大戦秒読みに、入ってきてしまったということか。
長年、中東各国に対し培ってきた、日本の信頼を 『安倍軍事独裁政権』が、
一瞬にして、ぶち壊してしまったということじゃのう。

 全てを解決するために、まず、日本人は、基本的なことを理解しておかなけ
ればならんのう。
イスラム、アラブの民が、何故、日本人に対し、好意的であったのか?
それはな。
同じ、アジア人であり、欧米各国と戦ってきた勇者であると、信じてきたから
なんじゃよ。
しかし、安倍総理が、全てぶち壊してしまったのう。
アラブの、『敵』の『味方』は、アラブの『敵』なのじゃよ。
イスラエルの国旗の前で、『イスラム国』と戦う国に、2億ドル資金提供?
正に、アラブ諸国と戦時体制にある『イスラエル』に、支援したということは、
アラブの敵に、なったということなんじゃよ。
先人達が培ってきたものを 安倍総理が、全て、台無しにしてしまったと
いうことじゃ。

 さて。
日本人は、イスラム教を全く理解しておらんのう。
あまりにも無知であり、インチキマスコミと、能ナシ学者・評論家の言うことを
信用し過ぎているということじゃ。
安倍総理は、現在、国民を口先で騙し、ドンドン、軍事独裁化を進めてきて
おる。
国産の武器、兵器の製造を開始し、海外へも進出し始めておる。
マスコミは、この実態を暴いたり、追及しようとはせんのう。
よいかな?
安倍総理は、集団的自衛権、自衛隊員の海外派兵、武器・兵器の製造開発
へと、一気に、突き進んでおるのじゃ。
そして、今回の、イスラエルへの支援。
つまり、十字軍への参加ととられるのは、当然のことなのじゃよ。
世界中の人々が理解しているのに、安倍独裁政権を支える者達だけが
理解不能ということなんじゃ。
さてさて。
イスラム教は、攻めて来る敵とは戦え!しかし、許しを請う者は、捕らえて
はならず、逃げる者を追ってはならないという、専守防衛。
平和な宗教なのじゃ。
イスラム教は、過酷な地に住む者、貧しき者達に、急速に拡がっておるのう。
苦しみの中にありながら、正しく生きるためには、心の支えとなる宗教が、
法律よりも 重要視されておるのじゃよ。

 ソロソロ、核心に入っていくとするかのう。
欧米諸国は、長い歴史の中で、貧しき国々を 武力で侵略し、支配してきた
んじゃ。
その、武力侵略に対しての、抵抗運動が、現在の、テロ攻撃なのじゃよ。
根が深いんじゃがのう・・・。
安倍総理の、軽はずみな行動、言動のおかげで、日本人全体が、かつてない
危険にさらされてしまったということじゃ。
逆に考えると、あれじゃのう・・・。
キリストの教えを無視して、武器を売り、また、武力によって他国へ攻撃を
加える国々。
しかし、『キリスト教』の、御旗を掲げて、臨んでおるのう。
欧米各国は、『キリスト教』にあらず、『アンチキリスト教』ということじゃ。
これと同じなのが、『イスラム国』。
同胞の命を奪い、同志に対しても危害を及ぼしている。
ん?
欧米各国と、『イスラム国』は、似た者どおしじゃのう。
日本は、今こそ、冷静な目で、全てを見つめ直すことじゃ。

テーマ : 超能力・潜在能力
ジャンル :

ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:『バーチャル レジスタンス』いよいよ開始!!
悩みを相談したい方!
困っている人を助けちゃおうという、正義感に、
燃えている方!
全員集合!!
『情報センター』は、購読申し込み後に、貴方の
目の前に、誕生するよ!

今までの記事を全て保管。
『謎解き図書館』

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

Gallery
心豊かに……
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
632位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
5位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

ユメトキ科学アカデミー  学長  夢聖人

Author:ユメトキ科学アカデミー  学長  夢聖人
ブログ内容は、毎日、進化しています!

『夢解き救急病院』営業開始!!毎日、『ユメディカルチェック』を!
応援ヨロシクね!
世界初!!『夢』の解読方法を簡単理論化!
友達に、紹介してね!

FC2Blog Ranking

最新記事
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR