被災者救済に動かぬ宗教界をメッタ切り!最後の預言者『聖仙』、怒りの説法 第2回!

 安倍総理が、『憲法9条改正』の、ビデオメッセージ?
九州が、窮地に追い込まれているというのにのう・・・。
全く、トンチンカンじゃ!

安倍独裁政権や、高級官僚は、自分達の利益になること、有利になることだったら、
法を 180度捻じ曲げてでも 強引に、成立させてきたんじゃ。
しかしのう。
国民のためになること、苦しんでいる者達を助けることに関しては、全く逆!
『やらない』と『出来ない』は、違うということじゃよ。
やる気があれば、1日で解決できることも 責任逃れのために、全てを伸ばし伸ばし
にし、何年もの歳月を 無駄にしてきたんじゃ。
東北復興、福島原発、沖縄基地問題等々。
解決策を打ち出し、上手くいかなかったら、責任を負わされるから、常に、表向きだけ。
高給官僚は、口先でごまかし、弱者のための政策など提案せず、安倍独裁政権の、
都合のよいことばかり考え、実行してきたんじゃ。
つまり、保身のため、主張のできない弱者を犠牲にし、強大な権力に媚ているという
ことじゃのう。
本来であれば、聖職者達が、弱者救済に立ち上がるべきときなんじゃが。
九州の激甚災害地では、大勢の被災者が、未だに先が見えず苦しんでるというのに
九州以外の宗教団体が、緊急避難に、一体、どれだけ宿泊施設提供を申し出たのか。
エーイ、喝っ!
信教の自由とは、自らが信ずる宗教を学ぶ自由、実践する自由であり、宗教とは、
苦しんでいる者達への、心の救済、物資による救済なのじゃ。
根本は、『来るものは拒まず、去るものは追わず』。
まして、仏教の根本精神は、『三衣一鉢』。
強制は、あってはならないし、してはならないのじゃよ。
宗教団体で、霊感商法や、監禁・強制による洗脳が行われているものは、断固摘発し、
解散に追い込んでいかなければならん。
それは、宗教から逸脱した、詐欺商法であり、カルト集団だからじゃ。
特に、武力を説く宗教は、宗教の根本である、自由・平和を奪う邪教。
これだけは、何度でも強調しておくぞ。
宗教は、救い。
『救済』なのじゃ!
苦しんでいる者達の心を救い、自ら必要なもの以外は、弱者救済のため分け与える。
これが、宗教者の生きるべき道なのじゃよ。
今回の大震災で、九州以外の、どれだけの宗教団体が、所有する宿泊可能な施設を 
信仰に関係なく、被災者緊急避難のため開放、提供して来たのかのう・・・。
はっきり言えば、この程度の、初歩的な救済が出来ない宗教団体など不要!
宗教など、必要ないということじゃ。
宗教団体が腐れきった、現在の日本。
万物の創造主である、大自然の大いなる意思は、現在、人々が悔い改め、正しく生きる
ことを見極めておる。
これが、世界人類に対する、『最後の審判』へと、つながっていくのじゃよ。
後日、宗教の一切を分かりやすく解明し、最終『真理』を公開していくから、しばらくの間
待っていて下され。
さて。
復旧・復興財源には、こんな腐れ切った精神の宗教団体から、徴収すればよい。

       『大震災復旧・復興 新財源案』 

【1】宗教法人課税50%
  モーゼは、偶像崇拝に明け暮れたユダヤ人を地の底に叩き落し、イエスキリストは、
 神殿で金儲けする者達と、戦いました。
 ブッダは、私利私欲で教団を牛耳ろうとしたダイバダッタと戦い、ムハンマドは、偶像崇
 拝で乱れたメッカを 激戦の末、取り戻しました。
 人間の作り出した偶像には霊的なものはなく、また、一切宿らず、宗教で金儲けをする
 者達と預言者は、激しく戦ってきたのです。
 マスコミ・ジャーナリストは、僧侶が高額のお布施を要求し、マンション経営や、飲食店
 経営している現実。
 墓地販売での不正収入を 見て見ぬ振りをし、見逃していてはなりません。
 道楽・放蕩三昧の、坊主及び宗教関係者が、一体、どれだけいることか。
 霊感商法や教会での結婚式で、暴利をむさぼっている者など、善と悪の宗教者を明確に
 し、悪行は摘発していかなければなりません。
 税金も払わず、主要駅近くに、御殿のような宗教施設を 次々建設するなど、言語道断!
 さて。
 地の神を祭る神社は、伝統であり、文化・歴史なので、選別しなければなりません。
 *天皇家に関するものは、無税。
 *賽銭等、収入が、地域、地区で管理されているものは、無税。
 *建物所有者、管理者の収入が、最低賃金を下回っているものは、無税。
 *歴史的・文化的遺産の価値の有る、寺社仏閣、及び、その展示物に関しては、維持管理
  の補助を 国が行なう。

 以上のことを 全国民に知らせ、マスコミ関係者、国会議員は、立ち上がりなされ!
災害は、全国的に、まだまだ、拡大していくのじゃよ。
九州激甚被災地の被災者を 一旦、四国・本州に緊急避難させる。
その後、激甚被災地を国の直轄地とし、被災者は、国が全てを保障、補償。
やがて、新天地を求め、移転してもらうのじゃ。
この、モデルケースを作り上げることを 急務とするのじゃよ。
大震災後でも 国の経済は、一気に回復へとつながっていくのじゃからのう。

テーマ : 超能力・潜在能力
ジャンル :

大災害危機に備え、地方自治体よ立ち上がれ!!最後の預言者『聖仙』秘策公開!

 ワシは、民主政権発足時、真っ先に、大津波予知を 国の重要人物達に、レポート送付。
大津波後は、いち早く、具体的な復旧・復興案を知らせていったんじゃがのう・・・。
民主党は、一向に動かんかった。
政府の怠慢による、『人災』被害者が、多く出てしまったんじゃ。
今回もまた、大災害予知を公開し、被災者救済方法を公開していったんじゃが・・・。
いかん、いかんのう・・・。
安倍総理率いる自公政権も 役立たずじゃ。
全く、東日本大震災の教訓を忘れとる。
これ以上、安倍政権に期待などできん!
大災害は、まだまだ、広範囲で続くのじゃぞ。
大統領制である地方自治体が、自立しなされ!
その秘法を 公開するとしようかのう。

 まずは、激甚被災者救済を最優先!
その方法は、次の項に詳細を書いておる。
ぜひ、読み進んでくだされ。

 次の段階へと、進むとしようかのう。
先々の地方分権を見据え、大統領制の地方議会に、期待するしかないんじゃ。
国民一人一人が、よく考えてみなされ。

『大災害発生に備える、地方自治体の緊急対策』 

*都道府県、または、市区町村で、『災害救助総務隊』を 結成。
 大災害時において、自衛隊・警察・消防の、補助作業を任務とする。また、ボランティア
 参加者の指示、及び、手配を行うものとする。
 平常時においては、応急処置、救急医療の研修。及び、 護身術、避難誘導、調理実習
 老人介護、幼児保育等々、緊急時に想定される、全てにおいての、技術取得を その、
 任務とする。
*即戦力となる人材を中心に、隊を結成。現在、失業手当受給者、及び、派遣労働者、
 また、常勤アルバイト従事者を積極的に、正規雇用するものとする。
 待遇は、自衛隊員に、準ずるものとする。

 これからの自然災害も 大規模に起こるのじゃ。
今回のゴールデンウィークは、多くのボランティアに助けられるのう。
大変、ありがたいことじゃ。
しかし、ボランティアは、不定期だし、得て、不得手があり、管轄・領域等々、一枚岩では、
ないのじゃよ。
これらを 統括する組織が必要なんじゃ。
災害発生時には、全ての業務を嫌がることなくこなし、また補佐する、プロの便利屋組織。
そんな感じで、受け取ってもらえるとありがたいのう。

 次に、早急に、設置、装備、配備しておかねばならんことを 言っておくとしようかのう。
何故かって?
大災害は、夜暗いうちに起き、極寒の中・猛暑の中で、頻発することになるからじゃ。
下記の事柄を 早急に進めてくだされ!

*携帯用の自家発電装置・照明器具、及び、懐中電灯。
*防寒ジャンパー、釘を通さない作業手袋・作業靴、防塵マスクを大量に確保。
*キャタピラー式のトラック、重機、雪掻き車を増配備。
*道路の信号を 太陽光発電・風力発電を利用した、蓄電池併用のものに、全て変換。
*卓上ガスコンロ・ガスボンベ、及び、万能鍋を大量確保。
*簡易トイレの確保。

 以上が、緊急事項じゃ。
まだまだ続くぞ。

テーマ : 超能力・潜在能力
ジャンル :

全国民に、緊急連絡!!最後の預言者『聖仙』、怒りの説法開始!

 遅い、遅いのう・・・。
のんびりした政府の対応では、激甚災害地被災者(以降激甚被災者と呼ぶ)を
救えないのう。
2次災害、新たなる災害による危険性の、真っ只中におるのじゃぞ。
『常在戦場』
なのじゃよ。

 ワシは、幼き頃、一旦 死を宣告され、死後の世界より、舞い戻されたんじゃ。
その後、水中で、溺死による瞬間の体験を味わい救出され、また、43度の高熱を
発症し、死の直前を感じ取ったんじゃ。
その際は、大きく振れる手で、どうにかバッファリンをかじることが出来、九死に
一生を得たのう。
後にも 一過性の脳梗塞症状により、警察病院に搬送されたり、不整脈により、
救急病院に搬送されたりしたんじゃ。
万物の創造主の導きにより、何度も 死の恐怖を体験させられてきたということ
かのう。
また、万物の創造主の御技による『7』の契印を ワシの左手の甲に、一瞬にして
刻まれたんじゃ(このブログ記事を読み進むと、次のページに、証拠写真掲載!)。
エッ?
蘇りし者?
キリストの再降臨?
ブッタの再降誕?
ワシには、どうでもいいことじゃ。
いかなる宗教等の団体と、徒党を組むこともなく、大自然の声を聞きながら、
一人静かに、ひっそりと、生涯を終えたいからのう・・・。

 以前より、長年、このブログを目の当たりにしてきた方達なら、理解できるじゃろう。
ワシは、最後の預言者として、万物の創造主により導かれ、動いてきたんじゃ。
つまり、ワシが動くときは、天が動くということなのじゃよ。
信ずる者達よ、目を覚ましなされ!
立ち上がりなされ!
激甚被災者を 救済するのじゃ!

*簡単に参加できる、『激甚被災者』救済方法
  これ以降の記事は、
  http://hihousho.com
  に記載されている内容を 具体化したものです。
  必ず、上記記事を読んで下さいね。

・今回の被災者受け入れの主力は、関西以西の府県中心。
 宿泊施設提供可能な方は、その、部屋数・規模数を市町村福祉課に連絡。
              ↓
 市町村福祉課は、府県庁福祉課に、受け入れ可能な部屋数・規模数を連絡。
              ↓
 府県庁福祉課は、受け入れ可能な部屋数・規模数を 九州の盟主 福岡県庁
 福祉課に連絡。
 ここで、最終集約するのです。

・緊急避難を要する者は、家族単位、地区単位で!
 激甚被災者、及び、緊急避難を要する者は、市町村役場が、機能不全の場合、
 所属県庁福祉課に、人数を報告。
              ↓
 県庁福祉課は、福岡県庁福祉課に、緊急避難を要する者の、人数を報告。
 福岡県庁福祉課は、避難者数を考慮し、避難者を送り出す側、受け入れ側
 双方の府県庁福祉課に連絡。
              ↓
 当該、府県庁同士が打ち合わせ、搬送ルートとなる、港・漁港を決定。
              ↓
 双方の府県庁は、該当市町村、もしくは、避難者に、直接連絡し移動開始!
 
・搬送に協力していただく漁船、カーフェリー、貨物船、タクシー、バス会社等々
 上記方法に準じて、進めていってくださいね。

罹災証明の発行が来月?
居所さえ確認可能なら、何処でも可能じゃ!
それよりも 既に提案済みの、政府直轄地・直轄市民構想実現に、国会議員は、
動きなされ。
ことは、緊急を要しますぞ。
これから起こる数々の災害の、モデルケースとなるのじゃ。
上記方法を基に、臨機応変に対応していってくだされ。


 


テーマ : 超能力・潜在能力
ジャンル :

緊急!!最後の預言者『聖仙』、全国会議員に『復旧・復興案』を直訴!その①

*激甚被災地・住民の救済を 政府直轄で!

 激甚被災地は、政府直轄地とし、国の、新たなる事業を展開していくことにします。
土地は、その所有者を厳正に調査の上、災害発生時直前の公示価格を基に、国家が
特別に発行する債券(仮に、復興債)と、交換することにします。
その債権は、全銀行において、現金化できるもの。
つまり、日銀が、激甚被災地を 国が再生復興に着手するまで、担保化することとする
のです。
それを渋るなら、追及すればよい。
「国民をごまかすための、官製相場を作り上げるのには、資金を投入するのに、日本
国民の生命・財産を守るのには、知らん振りか!」
と。
次に、激甚被災地の住民に対しては、顔写真付きの証明書を確認。
警察署にて、犯罪者による、偽名・偽装がないかどうか、指紋照合をし、厳正に確認の上、
政府直轄市民の、顔写真付き身分証明書を発行します。
証明書がない住民に関しては、既に、政府直轄市民証明書取得者2人が、保証人になる
か、他地域に住む家族・親族が保証人となり、警察署にて、指紋照合をし、政府直轄市民
証明書を発行します。
18歳未満の者は、これに準じ、発行します。
次に。
空室が多い公営住宅・団地へ、政府直轄市民に、集団で移転してもらいます。
皆、着のみ着のままで 避難してきた者ばかり。
ゼロからの出発です。
支度金として、老若男女問わず、一人5万円ずつ支給(官房機密費中心)。
年金・保険料、および税金の支払いは、免除。
医療費無料。
厚生年金受給者は、早期復活。
国民年金受給者・失職者には、生活費として、『救済手当て』を毎月支給(生活保護の
支払い金額に準じる)。
また、事前に、ボランティア団体に連絡。
住居の掃除、生活必需品の取り揃え、入居後のケアをお願いするのです。
たくさんのボランティア団体が、今すぐ、活動できる態勢をとっており、待機しております。
被災者に、次々と、移転してもらい、全国的レベルで、援助を展開していきましょう。

*災害救助総務隊を発足へ!

災害地での活動の際、トイレ掃除やゴミの収集、介護の補助、物品の配付荷物の出し入れ等
の、単純作業。また、警備から、被災者の悩み相談まで、あらゆる活動を 黙々とこなしていく、
便利屋的組織。
炊事、水汲みから、自衛隊の救助活動アシスタントまで、組織的に指揮に従い、なんでもこなし
ていく、雑務的部隊です。
勿論、材木担ぎから廃材処理まで、依頼されれば何んでも!
さて。
その人材ですが、現在、失業手当てを受けている者の中から、希望者を募るのです。
会社という組織のなかで、黙々と働いてきた、即戦力。
今は、質素倹約の日々を送り、必死に耐え、求職活動をしております。
様々な技術、能力を持った者が、数多く存在しているのですよ。
任務期間分は、失業手当てを 更に延長することを条件に。
そして、1ヵ月後、本人の意向と、働きぶりを査定し、正規隊員として採用するのです(給与等の条件
は、自衛隊に準じる)。
やがて、この部隊が、ボランティア団体を スムーズに、リード出来る存在になるはずですよ。

現在、2次災害や、新たなる災害が起こる危険性の真っ只中!
全国会議員に、早急に知らせてくだされ。
これから、次々、復旧・復興案を公開していきますぞ。

まだまだ、続きます!

テーマ : 超能力・潜在能力
ジャンル :

思想・宗教・政党の違いを超え、被災者の救済を!

思想・宗教・政党の違いを超え、被災者の救済を!
全国民が、立ち上がれ!

まず、このブログ記事 次の次の項
『最後の預言者 聖仙 激白!!』
を読んでから、下記ブログに、移ってくださいね。

現在、下記にて、具体的な道を示しております。

http://hihousho.com

上記をクリック!
無料公開だから、安心して読んで下さいね。
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 100

紹介文:『バーチャル レジスタンス』いよいよ開始!!
悩みを相談したい方!
困っている人を助けちゃおうという、正義感に、
燃えている方!
全員集合!!
『情報センター』は、購読申し込み後に、貴方の
目の前に、誕生するよ!

今までの記事を全て保管。
『謎解き図書館』

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

Gallery
心豊かに……
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1015位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
10位
アクセスランキングを見る>>
プロフィール

ユメトキ科学アカデミー  学長  夢聖人

Author:ユメトキ科学アカデミー  学長  夢聖人
ブログ内容は、毎日、進化しています!

『夢解き救急病院』営業開始!!毎日、『ユメディカルチェック』を!
応援ヨロシクね!
世界初!!『夢』の解読方法を簡単理論化!
友達に、紹介してね!

FC2Blog Ranking

最新記事
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR